みんなが満足できるとっておきの会場を紹介!
HOME >  ボウリング大会成功マニュアル >  ボウリング大会の準備

ボウリング大会の準備

パーティーを企画するなら、ボウリングもありです。その下準備に必要な事項を紹介します。

ボウリング大会のここが押さえどころ。

通常の食事、歓談のほかに、ボウリングという要素がプラスされるわけですから、事前準備においても当日においても、ボウリング・パーティーならではのポイントがあります。

ポイント1:参加者を集める

参加者の募集から行なう場合は、募集要項をきちんとつくりましょう。

ひさしぶりにプレイしても楽しいボウリング

はずせないポイントは、

  • イベント名→例・部門対抗ボウリング大会
  • 開催目的→親睦のため、××を記念して
  • 開催日時→集合時間も明確に
  • 場所→集まりやすい近所のボウリング場
  • 主催者・幹事→問合せ先
  • 参加申し込み方法→幹事まで電話で、メールで。
  • 参加費→各自負担の部分を明記すること

などがあります。

ポイント2:開催日のスケジュール調整

候補日を2~3日設定して、参加対象者にヒアリングしてみるのがいいでしょう。

  • A(都合がよい) 
  • B(都合がつく)
  • C(参加できない)

などとして、アンケート形式で情報収集するのがおすすめです。

ポイント3:ボウリング場を予約する

人数や使用するレーン数などをボウリング場のスタッフと打ち合わせます。

ボウリングとパーティーの組み合わせなら、2~3ゲームというパターンが多いようです。事前に参加者を連絡すると、あらかじめ組み分けなどの準備をすることができます。

ポイント4:組み分けをする

無理矢理知らない人同士で組ませがちですが、実は親しい仲間同士でチームを作るのが正解です。

チーム戦をする時、いらない気を使ってプレイしても面白くないですし。にぎやかにプレイしていれば、自然と知らない人とも話せるようになってきます。

ポイント5:当日の動き

幹事はいつもにも増して早めに会場に到着し、準備にかからなくてはなりません。スコア表に名前を記入したり、準備した景品を並べたりと、なにかとやることが多いです。

当日会場のスタッフに、どの程度フォローしてもらえるか、ちゃんと確認しておきましょう。